クロアチア旅行記【概要&まとめ】

クロアチア旅行
スポンサードリンク

シルバーウィークを利用してクロアチア旅行に行ってきた!ドブロヴニク、スプリット、プリトヴィッツェ湖群国立公園、ザグレブというクロアチア観光の定番コースを実質7日間で周った。

どの都市も美しい街並みだったが、「アドリア海の真珠」と称えられるドブロヴニクが一番クロアチアらしかった。シーズンは少し過ぎていたが、どこも観光客が多くてクロアチア人気の高さを感じた。クロアチアの治安は想像以上によくて、完全な個人旅行だったが危険な思いをすることは全くなかった。

旅行概要・日程・旅行記目次

クロアチアの場所

東ヨーロッパ、バルカン半島に位置し、西側がアドリア海に面した風光明媚な国。1991年にユーゴスラビアから独立を果たした国なので、国としてはまだ新しい。
クロアチアと周辺国の地図
地図出典:ZenTech

クロアチア旅行概要

クロアチア旅行概要
  • 旅行期間:2015年9月21日~年9月30日(7泊10日)
  • ドブロブニク・スプリット・プリトヴィッツェ・ザグレブ
  • 旅行形態:個人旅行で女友達との2人旅
  • 旅行費用:ひとり約14万円(お土産代を除く)

旅のルート
日本-クロアチア間のフライトはIN、OUTともにザグレブ。ザグレブ到着後そのままドブロブニクまで移動し、ドブロブニクを旅のスタート地点とした。

ドブロブニク⇒(フェリー)⇒スプリット⇒(バス)⇒プリトヴィッツェ⇒(バス)⇒ザグレブ
クロアチア経路

クロアチア滞在は実質1週間だったので宿泊する都市は「ドブロブニク」「スプリット」「プリトヴィッツェ」「ザグレブ」に絞り、ドブロブニクから北上しながらザグレブに向かって移動した。クロアチアはバスが発達しているので個人での移動もそれほど大変ではなかった。

クロアチア旅行日程

クロアチア旅行の典型的なコースを周った。個人旅行のモデルコースとしてご参考に!

DAY 日程 宿泊
1   成田⇒(ドーハ経由)⇒ ザグレブ⇒ ドブロブニク 機内
2 ドブロブニク
3 ドブロブニク観光(城壁歩き&スルジ山)
4 スプリットへ移動(フェリー) スプリット
5 シベニク&トロギール観光
6 スプリット観光&プリトヴィツェ湖群公園へ移動(バス) プリトヴィツェ
7 プリトヴィツェ湖群公園ハイキング
8 プリトヴィツェ⇒ザグレブ(バス)&ザグレブ観光 ザグレブ
9 ザグレブ観光 / ザグレブ発⇒(ドーハ経由)⇒成田 機内
10

ザグレブ以外は各都市に2泊滞在しているので、弾丸というほどの慌ただしさはなくそれなりにゆっくりと観光ができた。

ドブロブニクは2泊して城壁歩きなどを楽しんだ。初日は晴天に恵まれたが、最後の日は激しい雷雨で観光どころではなかった。雨だとせっかくの美しい景色も楽しめないので、ドブロブニクは最低でも2泊するのが無難に思う。できれば3泊以上してコトル観光に行ったりするのが理想的。当初私たちも日帰りツアーでコトルに行きたいと考えていたが、実質2日のドブロブニク観光で1日をコトルに費やすのはもったいないと考えて断念した。

スプリットでは、1日はトロギールとシベニクへの日帰り観光に費やした。スプリットの旧市街は半日~1日あれば観光できるので、2日以上あればトロギールやシベニクに行くのもオススメ。

プリトヴィッツェ国立公園はザグレブからバスで約2時間で行けるので日帰りで観光する人も多いが、たっぷりとハイキングをしたかったので公園内のホテルに2泊した。しかし残念なことに2日とも雨に見舞われ楽しいハイキングとはならなかった(泣)。

ザグレブの旧市街は狭いので半日あれば十分に観光できる。買い物や博物館に行かなければ1~2時間でも十分なくらい。

旅行の準備

航空券

★成田⇔ザグレブ
カタール航空のセール時に6万円以下の格安で購入した。カタール航空はセールでなくても安いので、航空費を抑えたいならおすすめだが、カタールで乗り継ぎがあり、トータルで20時間前後かかってしまう。また、クロアチアの発着はザグレブのみなので、ドブロブニクIN、ザグレブOUTのような効率的な移動ができないというデメリットがある。

★ザグレブ⇒ドブロブニク
クロアチア航空利用で、ひとり約1万円だった。

航空券探し

格安航空券を探すのにオススメなのが「skyticket」。たいてい最安値を探すことができる。

パソコン⇒skyticket
スマホ・タブレット⇒skyticket

海外旅行保険

海外旅行保険に入ると1万円程度かかってしまうが、使わない可能性のほうが高いのであまりお金をかけたくない。

エポスカード」は年会費が永年無料で海外旅行保険が自動付帯しているので、持っているだけで無料で海外旅行保険に入っていることになる。病気やケガの他、対物の倍賞や購入品の故障・盗難などもすべてこのカードでカバーできる。

費用は一切かからずに保険に加入できるので海外に行くなら作っておくべき!

クロアチアの通貨&外貨両替

クロアチアの通貨は「クーナ(kuna)」。現在のレートはこちら

レストランやスーパーではクレジットカードが使えるところが多かったが、現金支払いのみというレストランも何軒かあった。現金の場合はクーナが基本だが、ユーロでもOKというところが多かった。

バスのチケットはクレジットカードは使えずクーナの現金のみでしか購入できないので、長距離バスに乗る場合はある程度のクーナを用意しておく必要がある。また、個人経営のアパートでは宿泊費の支払いは現金のみというところが多く、今回私たちが宿泊したアパートもすべてクレジットカードは使えなかった。そのためそれなりの現金が必要となった(アパートではユーロが使えた)。

私は「マネパカード」という海外専用トラベルプリペイドカードを使用して現地のATMからクーナを引き出した。空港や街中にはATMがたくさんあったので簡単に現金を引き出すことができた。現金は日本からたくさん持っていくより必要な分だけ現地でおろすのが安全!

クロアチアの空港内にはATMがずらりとたくさん並んでいた

マネパカードとは

お金をチャージしておくことでクレジットカードと同じように買い物などに使用でき、ATMから現地通貨を引き出すこともできる。両替手数料が一般のクレジットカードの半額以下、外貨両替が最大約95%オフ!

また、好きなタイミングで両替ができるので、円高の時に両替しておけば旅行中に円安になっても両替した時点のレートで利用できる。

国内でもプリペイドカードとして利用でき、年会費等は無料なので作っておくといざというときに役立つ!

詳細はこちら⇒マネパカード

宿泊(アパート&ホテル)

宿泊先はすべて「Booking.com」で予約した。Booking.comは登録ホテル数が多いのはもちろん、レビューが多いので宿泊の際の参考になる。カスタマーサポートの体制もしっかりしていて、問い合わせるとすぐに対応してもらえる点も安心。

私が宿を決めるときの条件は以下のような感じ。
・観光に便利な立地(できれば観光地まで徒歩圏内)
・レビュー評価が10段階中8以上(見つからないときは7以上)
・無料Wifiあり
・バス・トイレ付き(共同バス・トイレは絶対にNG)
・清潔(汚いetcのレビューがあればNG)
・部屋に電気ポットがある(必須ではないが)
・シャワーの水圧やお湯の出具合(悪いレビューがあればNG)

今回滞在したのは、プリトヴィッツェ以外はアパートメントタイプの部屋。クロアチアには「APARTMAN(アパルトマン)」や「SOBE(ソベ)」と呼ばれるアパートメントタイプの宿泊施設が多い。どこもおすすめできる宿なので以下をご参考に(写真は宿泊した際に撮影したもの。さらなる詳しい情報は各旅行記に記載)!

ドブロブニクで泊まったアパートメント

アンジェラス アパートメンツ(Angelus Apartments)
ピレ門から徒歩ですぐの城壁内にある立地抜群のアパート。ちょっと狭かったが清潔感があってかわいらしい部屋だった。オーナーのおばさんも親切だった。

スプリットで泊まったアパートメント

Apartments Smile
旧市街まで歩いて5分もかからない立地で、バスターミナルやフェリー乗り場にも近くて便利だった。部屋はとても広くて、キッチンや洗濯機もついていた。

プリトヴィッツェ国立公園で泊まったホテル

Hotel Plitvice (ホテル プリトヴィツェ)
国立公園の入り口に近く、バス停からも近くて便利だった。ホテル内にレストランもありメニューも豊富だった。フロントも親切で山奥にあるホテルとしては十分の設備だった。

ザグレブで泊まったアパートメント

Kaptol Cathedral Center Apartment
旧市街のシンボルである大聖堂のすぐ近くにあり、部屋の窓からは大聖堂がみえた。建物自体はかなりボロだったが、部屋はリフォームしたばかりですべてきれいで快適だった。

現地での移動(飛行機・バス・高速船)

ザグレブからドブロブニクへの移動(クロアチア航空)

ザグレブ~ドブロブニク間の移動手段は「飛行機」か「バス」のみ。バスだと2,000~3,000円と安いが10時間もかかってしまう。今回の旅行は時間にゆとりがなかったのと10時間のバス移動は疲れそうだったので飛行機を利用した。飛行機だと約1時間。

航空券代は、クロアチア航空のエコノミークラスが8,200円(荷物代込み)だった。搭乗する日にちや時間によって値段は異なるが、全体的にそれほど高くないのでザグレブ-ドブロブニク間を一気に移動する場合には飛行機がオススメ!

ドブロブニクからスプリットへの移動(高速船)

ドブロブニク~スプリット間の移動手段は「バス」か「」が一般的(飛行機の直行便もあるが数が限られる)。移動時間はバスだと4時間半から6時間、通常のフェリーだと約9時間、高速船だと約4時間半。値段はバスが2,000~2,500円程度で一番安いが、船も3,000~4,000円とそれほど高いわけではない。

今回はドブロブニクを夕方4時に出港して夜8:15にスプリットに到着する高速フェリーを利用した。当日は嵐のようなものすごい雨だったので、出港しないと思ったが遅延もなく予定通りに出港して無事に到着した。もし出港しなかった場合にはバスでの移動に変更する予定だった。

高速船のチケットは事前にインターネットで購入。値段は180クーナ(約3,500円)だった。この高速船はフヴァル島やコルチュラ島などの島にも停泊するのでそれらの島を訪れる人にも便利。

高速船の予約はこちら⇒クリロ(Krilo)社ウェブサイト
バスチケットはこちら⇒getbybus.com

スプリットからプリトヴィッツェへの移動(バス)

スプリットからプリトヴィッツェへはバスで移動した。移動時間は約5時間で、料金は150クーナ(約2,800円)だった。チケットは前日夜にバスターミナルのチケット売り場で購入した。現地でのバスチケット購入はクレジットカードが使えないので、クーナの現金を用意しておく必要がある。

計画ではお昼頃スプリットを出発して夕方にプリトヴィッツェへ到着するバスに乗ることを考えていたが、プリトヴィッツェ行きのバスは朝8:30発と夕方3:30発の2便のみしかなかったので夕方発にした。

スプリット~プリトヴィッツェ間のバスは本数が少ないので、事前に時間を確認しておいた方がよい。シーズン中は混雑している可能性もあるので事前にネットで購入しておくのが無難かも。

プリトヴィッツェからザグレブへの移動(バス)

プリトヴィッツェからザグレブへもバスで移動した。移動時間は約2時間で、料金はスーツケース代込みで95クーナ(約1,800円)だった。プリトヴィッツェにはバスターミナルのようなところはないので、ホテルのフロントでバスの時間を教えてもらいバス停へ行き、直接バスの運転手からチケットを購入した。

事前にインターネットで調べた情報では、バスが何時間も遅れてきたなどの口コミもあったので、遅れるのを覚悟していたがバスは遅れることなく時間通りにきた。

クロアチアのお土産

バラマキのお土産は宅配サービスを利用した。購入したのはクロアチアのお土産の定番「バヤデーラ(Bajadere)」というチョコレート。やわらかめのチョコだが、宅配サービスではクール宅急便で届いたので全く溶けずに届いた。食べやすくて日本人の口にも合うのでクロアチア土産として無難。
お土産4

このバヤデーラはスーパーでも売られていたが、ドブロブニクとザグレブのスーパーでは売り切れていた。たまたま売れ切れだったのかもしれないが、旧市街にあるスーパーは規模が小さいので売れ切れのことが多いのかもしれない。でも、ザグレブ空港内のお土産屋にはたくさん売られていたので空港で帰りに確実に買うことができる。

宅配サービスは現地スーパーで買うよりは高くなってしまうが、空港と同じくらいの値段なので、お土産を探す心配をせずゆっくり観光できることを考えたらコスパは悪くない。

私はこちらの宅配サービスで購入した。少し高いと感じたが、溶けたり買いそびれたりするリスクを考えると利用価値は高い。

安く買いたい場合はこちらがおすすめ(私が買ったのよりサイズが小さい)。

クロアチアの定番土産「バヤデーラ」

ツアーか個人旅行か?

個人旅行

クロアチアは個人旅行はしにくいというイメージがあったが、実際に個人で周ってみたらそれほど大変ということはなかった。自分のペースで好きなところに行きたいなら自由度の高い個人旅行が断然オススメ!

ヨーロッパの他の国を個人旅行したことがある人ならクロアチア個人旅行もおそらく問題ないと思う。日本人観光客も多く、個人で旅している女性を何人もみかけた。治安も悪くないので女性のひとり旅にも向いている(夜遅くに外出しないなど最低限のルールはもちろん必要)。

日本からのパッケージツアーでは「クロアチア」だけでなく、隣国の「スロベニア」「ボスニアヘルツェゴビナ」「モンテネグロ」なども訪れる旅が定番となっている。個人が同じ日数でツアーのようにあちこち周るとなるとかなりの弾丸になってしまい難しい。

短期間で効率よくあちこち観光したいという場合は以下で紹介するような旅行プランを作ってもらうかツアーに参加するのが無難に思う。

フリーの個人旅行なら、ルートや予算に応じたプランを無料で提案してくれるこちらのサイトもおすすめ。個人で予約するよりも安くなることも多い!

海外旅行プランの一括提案(無料)

日本からのパッケージツアー

クロアチアのツアーはとても人気があり、最近は日本からのツアーもたくさんでている。クロアチア旅行中に何組もの日本のツアーに遭遇した。値段は様々だが、20万円以下の手頃なパッケージツアーもある。

★ツアーのメリット
・自分で計画を立てる必要がないので、事前準備がなくて楽チン
・効率よくたくさんの場所を観光できる(スロベニアなどの隣国にも行ける)
・バスで宿泊先まで行ってくれるので、重いスーツケースを持って移動しなくてよい
・たいていは現地ガイドがつくので、観光地の解説をきくことができる

★ツアーのデメリット
・ホテルや食事が決まっているので自分の好きなところを選べない
・お土産屋に寄るので観光時間が減ってしまう
・スケジュールがハードなのであまりのんびりできない

ハイライト写真

ドブロブニク旧市街の路地

スルジ山から眺めたドブロブニク

ドブロブニクの旧市街を散策中に遭遇した猫

ドブロブニクは猫が多いので猫好きの人にもおすすめ!
参考 ドブロブニクの猫スポット

シベニクの街並み&アドリア海(聖ミカエル要塞より)

スプリットの街並み(大聖堂の塔より)

プリトヴィッツェ湖群国立公園(雨の中をハイキング)

ザグレブのドラツマーケット

クロアチア旅行にかかった費用

お土産代を除いて約14万円。飛行機代が安かったので全体の旅費を抑えられた。クロアチアの物価はものすごく高いということはなかったが決して安いという感じでもなかった。特にドブロブニクはホテルもレストランも観光地価格でそこそこよい値段だった。

詳細は以下で。

クロアチア旅行にかかった費用
約10日間のクロアチア旅行にかかった費用は約13.5万円(お土産代除く)とリーズナブルに行くことができた。
ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)
スポンサードリンク
skyticket

SNSフォロー

コメントを残す