旅行中のサブバッグに最適なパックセーフの防犯ショルダーバッグ

バッグ

Pacsafe (パックセーフ)のバッグは、旅行者の荷物を守ることに特化しておりセキュリティ機能が非常に高いので、海外でも安心して使えます。男女問わず旅行のサブバッグとして最適なパックセーフの小型ショルダーバッグ「スリングセーフLX50」を紹介します。

旅行中の防犯機能に特化したパックセーフのバッグ

Pacsafe (パックセーフ)は旅行者の荷物を守るために生まれたブランドです。パックセーフのバッグは旅行者の荷物をスリや置き引きから守ることを最優先に考えられており、機能面でも優れています。

パックセーフのバッグやリュックは、内部やストラップにワイヤーが張り巡らされているのでカッターで切られても荷物を保護します。

以下では旅行のサブバッグとして最適な小型のショルダーバッグ「スリングセーフLX50」を紹介します。貴重品だけもって出かけるときやリュックと併用して使うのにちょうどよいです。

スリングセーフLX50のレビュー

pacsafe (パックセーフ)のスリングセーフLX50は盗難防止機能が充実した小さなショルダーバッグです。薄型軽量(マチはある)で必要なものをミニマムに携帯できます。

★商品詳細
カラー ブラック、デニム、ツィードグレーの3色
サイズ タテ:16cm X ヨコ:24cm X マチ:5cm
重さ 155g
容量 2L
素材 ポリエステル、ポリウレタン
内側収納 インナーポケット×1(RFIDセーフポケット)

ワイヤー入りのストラップ

小さなショルダーバッグはストラップが貧弱なものが多いですが、このショルダーストラップには細いワイヤーが入っているので、ナイフなどで切られにくくなっています。
パックセーフ ショルダーバック

ショルダーベルトはワンタッチに椅子などに固定することができます。2重の解除ボタンで盗まれにくい構造になっています。
パックセーフ ショルダーバック

ステンレスのワイヤーメッシュ入り

バッグ前面にはステンレスメッシュが挟み込まれており、ナイフなどで切られて、貴重品を盗まれることを防ぎます。
パックセーフ ショルダーバック

地球の歩き方(厚さ約1.5cm)と7インチタブレットがちょうど入る程度の大きさです。たくさんのモノを詰め込むのではなく、財布・スマホ・鍵などの貴重品を入れるのに特化するのがよいと思います。
パックセーフ ショルダーバック
※大きさがわかるように地球の歩き方をいれましたが、パンパンになるので地球の歩き方を入れるのはお勧めしません。

安全ジッパー

ジッパープルをジッパーエンドにあるゴムに通すことで開けにくい仕様になっています。
パックセーフ ショルダーバック

普通に引っ張っても開かない(穴を通さないと開かない)ので、気づかないうちにジッパーを開けられる可能性は相当低いと思います。
パックセーフ ショルダーバック

スキミング防止素材のRFIDポケット

内装はストライプ柄。内側にはRFIDポケットがひとつ付いており、スキミング被害を防止します。このポケットにクレジットカードを入れておくと安心です。
パックセーフ ショルダーバック

着用写真

身長158cmでこんな感じの着用感です。小さくて軽いショルダーバッグなので男女年齢を問わず使えます。いかにも防犯バッグという感じではないので、旅行だけでなく日常でも使えます。
パックセーフ ショルダーバック

カラーは黒色の他にもデニムとツィードグレーがあります(画像は公式サイトより)。

こちらの動画でわかりやすく説明されています。

パックセーフの斜め掛けバッグやリュック

上記で紹介した以外にも定番の斜め掛けショルダーバッグやバックパックなどもあります。

定番の斜め掛けバッグ

リュック

防犯リュックならボビーもおすすめです↓

最強の防犯リュックBobbyのレビュー【スリ対策におすすめ】
オランダ発で世界で80万個以上も売れている「世界初!スリ被害を防ぐ多機能リュックBOBBY」を使ってみたレビューです。海外旅行でのスリ対策にはもちろん、ビジネスやカジュアルでも使える多機能リュックです。 シンプルでスタイリッシュなデザ...

防犯性の高いバッグやリュックを持っていても、バイクなどで強引にひったくられた場合は避けることができません。下手に抵抗すると命が危ないので、そのような場合は諦めるしかありません。クレジットカードや現金は盗まれても利用停止手続きなどで何とかなりますが、パスポートは盗まれると大変です。大使館で面倒な手続きをしないと帰国できなくなります。そのため、海外でパスポートを持ち歩くときはマネーベルトや首下げポーチを使うことをお勧めします。

海外旅行の貴重品管理に使えるマネーベルト「セキュリポ」のレビュー
海外旅行で貴重品を持ち歩くときは、斜め掛けバッグなどに入れるのではなく、「首から下げるポーチ」や「腰に巻くタイプの貴重品入れポーチ(マネーベルト)」にいれて服の下に隠すのが安全です。 Amazonマネーベルトカテゴリーの売れ筋ランキン...

コメント